カテゴリ:チャラノリ的-映画論( 27 )   

借りてはみたものの・・・   

2006年 09月 29日

c0014846_1810671.jpg

近所のレンタル屋が、レンタル半額フェアを開催していたので、借りに行ってきました。
この時に借りたのは、7本。



現在、1本のみ鑑賞・・・。


しかも鑑賞途中にいつの間にか寝てたし・・・( ̄∇ ̄;)


だけど、旧作が1本50円で借りれるというのは、大きいですよね。
この日も新作あわせて7本借りたのですが、500円かかってないんですよ。


だけど・・・
c0014846_18104244.jpg

自分で買って開封していないDVDが・・・。
他にも2~3枚はあるかな(;^^A
レンタルする前に、こっちを先に観た方が良いかも・・なんていう噂もなきにしもあらずなのです。
[PR]

by charanori | 2006-09-29 18:01 | チャラノリ的-映画論

100本達成!   

2006年 03月 14日


このブログとは別に映画感想専門のブログをFC2でやっています。
FC2のブログを始めて半年なのですが、とうとう今日100本目の感想をupしました~。
半年で100本って多いのか少ないのかわかんないけど、自分ではビックリしちゃったなぁ(笑)

もともと映画の感想を書き出したのも、観た映画の内容とタイトルを忘れていて、もう一度レンタルしちゃうってことがよくあったんで(笑)、始めました。
だけど、今では他の映画感想ブログの方とお喋りしたりして、けっこうはまってます。


夢は、1日1本。
1年間で365本鑑賞することです(笑)
[PR]

by charanori | 2006-03-14 17:46 | チャラノリ的-映画論

映画感想ブログ作っちゃいました~♪   

2005年 09月 30日

映画感想用のブログを作っちゃいました~。
エキサイトでも一時作っていたのですが、FC2に移行しました。

ブログタイトルは、”三日月のしっぽ。”です。

タイトルに特に意味はないのですが、寝る前にひらめいた(笑)ので、そのままつけました。
今後、映画感想は、新しいブログで随時更新していきますので、興味がある方は遊びに来てやってくださいねっ!!
[PR]

by charanori | 2005-09-30 18:15 | チャラノリ的-映画論

「妖怪大戦争」前売券、つい買っちゃいました(笑)     

2005年 07月 27日

c0014846_12572659.jpg

前から気になっていた映画ですが、正直「レンタルでいいや」って思ってました。
けれど映画館で映画宣伝を見た瞬間、会社の同僚と
「これ見たい!!!」って(笑)

前売特典の“妖怪トランプ”も魅力的だったし、ついつい前売券買っちゃいました(大笑)
けっこう、キャストもいけてるんですよ。
加藤 保憲役の豊川 悦司さんをはじめとし、妖怪役には。。。
近藤正臣さん、阿部サダヲさん、竹中直人さん、忌野清志郎さん、栗原千明さん、
岡村隆史さんですよ!!
このキャストを聞いただけでも、見たくなりません??
[PR]

by charanori | 2005-07-27 12:59 | チャラノリ的-映画論

「戦国自衛隊1549」 -映画-   

2005年 07月 26日

c0014846_1742255.jpg■STORY■
陸上自衛隊で秘密裏に行われた人工磁場発生器の実験中に、神崎怜2尉(鈴木京香)の判断ミスによる大規模な暴走事故が発生。
的場1佐(鹿賀丈史)率いる実験部隊は時空の震動に呑み込まれ、460年前の戦国時代にタイムスリップしてしまった。やがて、過去への過干渉が原因と思われる虚数空間「ホール」が日本各地に出現。一般市民には極秘にされたが、「ホール」は次第に成長し、現代日本をじわじわ侵蝕し始めていた。。。



■感想■
今更ですが、「戦国自衛隊1549」見に行きました!
以前より同僚に誘われていたのですが、なかなか見に行けず・・・・
7/29(金)に公開終了と聞いたので、日曜日に慌てて見に行った次第です(汗)

映画の感想としては。。。
「イマイチだ」と周りから聞いていたので、期待していなかったのが良かったのか、
予想以上に面白かったです。
 ただ、「ここはもうちょっと掘り下げてくれよ~」って感じた部分が多かったのと、
出演している“中尾明慶さん”“綾瀬はるかさん”の演技力不足さ!?(若いから、しょうがないのかな)が、正直、目立ったように感じました。
オリジナル版を見たことがないので、今度はそっちを見てみようかな!

■charanori的 評価■
「戦国自衛隊1549」  = 評価  3.0 (5段階中)
*数字が大きい方が良い評価です

■最後に一言■
すごいなぁ。
「戦国自衛隊1549」“ハリウッド版”の製作が決定したらしいですね。

More この件についてのニュース記事
[PR]

by charanori | 2005-07-26 17:50 | チャラノリ的-映画論

「宇宙戦争」 -映画-   

2005年 07月 12日

c0014846_1243190.jpg■STORY■
雲ひとつない晴天に包まれた、アメリカ東部のある町に異変は突然起こった。
上空で発生した激しい稲光の一つは地上にまで達し、その下で巨大な何かが大地を震わせうごめき始めた。そこに居合わせたレイ(トム・クルーズ)は、この常識では考えられない現象に直面し、恐怖に怯える人々と共に状況を見守る。そして人類が体験したことのない異星人の襲撃が目前で始まった。。。。。






■感想■
話題の『宇宙戦争』見ました。
同僚からは「最後がイマイチだよ」と聞いていたのですが、まったくもってその通りでした。
トムやダコタちゃんの演技はナカナカ良かったので、監督の責任かな(苦笑)
期待大だっただけに残念です。

『STAR WARS EP3』に期待します~(笑)

■charanori的 評価■
「宇宙戦争」  = 評価  3.5 (5段階中)
*数字が大きい方が良い評価です。
[PR]

by charanori | 2005-07-12 12:42 | チャラノリ的-映画論

「交渉人 真下正義」 -映画-   

2005年 06月 20日


c0014846_12501077.jpg■STORY■
クリスマス・イブを雪乃(水野美紀)とデートするはずだった警視庁交渉課準備室課長の真下(ユースケ・サンタマリア)は、室井管理官(柳葉敏郎)に呼び出され、何者かにのっとられた東京の地下鉄の最新鋭実験車両事件に挑むが……。


■感想■
友人から「けっこう面白かったよ」と聞いていたので、期待していました。
期待は裏切られなかったですね!!
テンポも良かったし、あっという間に時間が過ぎました。
ただ、映画を見た人なら感じたと思いますが、犯人がねぇ。。。。

個人的には、「踊る大捜査線2」よりも面白かったかな。
DVDが出たら、もう一回見ようっと。


■charanori的 評価■
「交渉人 真下正義」  = 評価  5.0 (5段階中)
*数字が大きい方が良い評価です。
[PR]

by charanori | 2005-06-20 12:51 | チャラノリ的-映画論

「ターザン」 -映画-   

2005年 05月 06日

c0014846_17581110.jpg■解説■
有名なターザンのストーリーだが、ハリウッドの実写映画と違い、かなり原作に忠実なストーリーになっている。ディズニーの映画のなかでも、もっとも野生味のある作品である。

■STORY■
沈没した船に乗っていた赤ちゃん(ターザン)は1人助かり、ゴリラのカーラの子どもとして育てられ、やがてたくましい野生の若者に成長していく。。。。



■感想■
久しぶりに見ましたが、面白かったです。
特に、ターザンとカーラ(母親ゴリラ)の親子愛がすごく伝わってきて、泣けました。

音楽(アカデミー賞を受賞したフィル・コリンズ)も話題になりましたよね。
なぜか、当時聞いた時よりも感動しました。

■最後に一言■
夏には「ターザン スペシャル・エディション」のDVDが発売になるようです。
楽しみです。

■charanori的 評価■
「ターザン」  = 評価  4.5  (5段階中)
*数字が大きい方が良い評価です。
[PR]

by charanori | 2005-05-06 18:00 | チャラノリ的-映画論

「ラスト サムライ」 -映画-   

2005年 04月 25日


c0014846_902790.jpg■STORY■
19世紀末。南北戦争の英雄、オールグレン(トム・クルーズ)は、原住民討伐戦に失望し、酒に溺れる日々を送っていた。そんな彼が、近代化を目指す日本政府に軍隊の教官として招かれる。初めて侍と戦いを交えた日、負傷したオールグレンは捕えられ、勝元(渡辺謙)の村へ運ばれた。異国の村で、侍の生活を目の当たりにしたオールグレンは、やがて、その静かで強い精神に心を動かされていく。


■感想■
面白い映画です。
映画館では、レイトで見たので眠かった記憶しかありませんでしたが(笑)
あらためてDVDで見たときに「こんなに面白かったんだ」とビックリしました。

特に俳優陣の中でも、日本人の役者さんが際立っていたように思います。
(同じ日本人だから、ひいきする訳ではありませんが)
監督が「日本人の役者は、台詞よりも表情で伝わってくるものがあった」と言っていた意味がわかりますね。

ストーリーもしっかりしているし、セットも情景豊かで目を楽しませてくれます。
Charanoriお勧めの映画ですね。



■最後に一言■
大村役の原田 眞人さんは、もともと監督さんだそうです。
(主な作品“金融腐触列島”“狗神”“突入せよ!間山荘事件”など)
監督さんなのに、あんなに演技ができることに、ビックリです。
才能あるんだろうなぁ。。。。(笑)


■charanori的 評価■
「ラスト サムライ」  = 評価  5  (5段階中)
*数字が大きい方が良い評価です。
[PR]

by charanori | 2005-04-25 09:00 | チャラノリ的-映画論

「テイキング・ライブス」 -映画-   

2005年 04月 12日

c0014846_12441926.jpg■STORY■
1983年、カナダ。1人の少年が家を出た―その名をマーティン・アッシャー。
数日後、母親の元に彼が交通事故で死亡した、という知らせが届く。だが・・・。
そして、現在。ある工事現場で、白骨化の進んだ死体が発見される。



■感想■
この映画は面白いです!!
監督が「各役に存在感を持たせたかった」とコメントしていましたが、
本当にどの役も存在感や個性が出ていて良かったです。
が、個人的に配役がミスキャストだったような気がします。
主役のイーサン・ホークですが、存在感がありすぎて、すぐに犯人がわかってしまいました。演技自体は物凄く良かったのですが、かもし出している雰囲気が怪しすぎです(笑)

「ディープ・ブルー」という鮫がテーマのパニック映画があるのですが、
この映画は、誰が殺されるか-誰が生き残るのかが予測つかないように・・と俳優陣をわざと、そこまでメジャーでない人で固めたそうです。
だいたい主人公は生き残りますもんね(笑)
興行収入のことも考えると、すごいなぁと感心してしまいます。
「テイキング・・・」の主人公も、イーサン・ホークでなく、無名俳優だった方が
個人的には楽しめたかも・・・

他の俳優の方も、もちろんですが、アンジーの演技は最高です!!
「ボーン・コレクター」の時と今回の役は、同じ警察関連の役ですが、
演技がまったく違いますので、そこも見所のひとつだと思います。

次は、シャリーズ・セロン主演の「モンスター」が見たいなぁ。。。。

■charanori的 評価■
「テイキング・ライブス」  = 評価  4.5  (5段階中)
*数字が大きい方が良い評価です。
[PR]

by charanori | 2005-04-12 12:32 | チャラノリ的-映画論