カテゴリ:マンガ放浪記( 12 )   

「お父さんは心配症」   

2006年 10月 03日

すんごい昔、夢中になって読んでいました。
超、ばかばかしいんですけど、それが良いんですよねぇ(笑)
ヴィレッジヴァンガードに行ったときに置いてあったので、飛びついて買っちゃいました。
一気に買えばよかったのですが、とりあえず1冊と思って買ったら、次回行ったときには全巻揃って売っておらず、我が家にあるのは中途半端な巻だけとなってしまいました(* ̄∇ ̄*)
c0014846_1748011.jpg
内容は、一人娘を異常に心配するお父さんの話です。(確かドラマにもなりましたよね~)
ただ巻が進むにつれ、お父さんのキャラも冴えなくなってきたのは残念だったかな。
3巻くらいまでが最高に面白いです。

発売:1985年~2000年
著者:岡田 あーみん
発行:集英社

表紙も最高なんだよなぁ。
[PR]

by charanori | 2006-10-03 17:55 | マンガ放浪記

「東京エイティーズ」   

2006年 08月 28日

c0014846_12485573.jpg

著者が安童 夕馬さんだったので、飛びついて読んだのですがイマイチでした。

物語は、1980年代に学生だった主人公達の恋愛模様を描いているのですが、なんかピンとこないんですよね(-_-#)
面白くもないし、つまんなくもないし、とにかくフツーの漫画。
当時、学生だった方達にはうけるかもしれませんが・・・。


発売:2003年~2005年
著者:安童 夕馬、大石 知征
発行:小学館
[PR]

by charanori | 2006-08-28 12:46 | マンガ放浪記

やっと終わったぁぁぁ 「DEATH NOTE」   

2006年 07月 10日

c0014846_854448.jpg
先日、最終巻となる12巻を購入。
「やっと終わったか・・・」っていうのが正直な気持ちですね(;^^A
私は、Lが好きだったので、彼の登場が・・・・になったあたりから、微妙に感じていました。
しかも、その辺からルールを理解するのが段々難しくなってきて、新しい巻が出るたびに、前の巻・はたまたその前の巻まで読み返してましたもんね。
最近は諦めて、最終巻が出たら、まとめて読もうと決めていました(苦笑)

映画は、観に行くかどうか未だに思案中。
だって、ライト役が藤原さんっていうのが納得いかないんだもん。
な~んか違うんだよなぁ、イメージが。


発売:2004年~2006年
著者:大場 つぐみ, 小畑 健
発行:集英社
[PR]

by charanori | 2006-07-10 12:59 | マンガ放浪記

「バジリスク-甲賀忍法帖」 -漫画-   

2005年 11月 21日

c0014846_12585768.jpg
今年公開された「SHINOBI」の原作本で、映画タイトルの通り忍者のお話です。

漫画は映画と少し設定が違っていたり、登場しないキャラも出ていて、映画よりこっちの方が面白いかな。
先に漫画を読んで、映画を観たら少し物足りないと感じたかも。
まぁ、映画は制限時間があるから、表現できない部分があっても仕方ないんですけどね。


主人公おぼろ(映画では仲間由紀恵ちゃんが演じていました)の、ずっこけ度も楽しめますし、面白い漫画ですよ。


発売:講談社
著者:せがわ まさき/山田 風太郎
[PR]

by charanori | 2005-11-21 17:45 | マンガ放浪記

「ホムンクルス」 -漫画-   

2005年 11月 21日

c0014846_1253480.jpg


主人公の名越は人々の心の深層に沈んだ歪みが形になって見えるという特殊な能力をもつようになり、さまざまな人々と関わっていく。。。というお話です。

この作者の漫画って一風変わっていて面白いんですよ。発想豊かと言うか。
今までに、この作者の作品「のぞき屋」「殺し屋1」っていうのを読んだんですが、この3作品に共通しているのが、“人間観察”というテーマだと感じました。
実は、この作者自身が世の人達に対して、“人間観察”してるのかなぁ(笑)


発売:小学館
著者:山本 英夫
[PR]

by charanori | 2005-11-21 12:54 | マンガ放浪記

「ベルセルク」 -漫画-   

2005年 11月 04日

c0014846_1314280.jpg
このシリーズは友人の陳さんから借りています。「最近だんだん面白くなくなったよね」というのが、陳さんと私の感想です。
途中までは面白かったんだけどなぁ。。。。
「サイコ」と同じで、新刊が発売されるまでに結構時間がかかるので、いつも前回までの内容を忘れてしまいます(苦笑)



発売:白泉社
著者:三浦 建太郎
[PR]

by charanori | 2005-11-04 12:43 | マンガ放浪記

「羊のうた」 -漫画-   

2005年 10月 26日

c0014846_131580.jpg
暗い感じの漫画ですね。
他人の血が欲しくなるという特殊な病気をもった一族の話です。特に激しい展開がある訳ではないのですが、ついつい読んでしまいます。ただ、話の展開上、仕方がないのかもしれませんが、看護婦の風見忍布の登場にはいささか??でした。
普通、そこまで人のプライベートに入り込まないだろうって感じ(苦笑)


映画化されているらしいので、一度映画を観てみようかな。


発売:幻冬舎コミックス
著者:冬目 景
[PR]

by charanori | 2005-10-26 13:00 | マンガ放浪記

「サイコ」 -漫画-   

2005年 09月 29日

c0014846_17555746.jpg

私、怖がりなのですが(笑)怖い漫画が好きで結構読みます。
この漫画は怖いというより、気色悪いという印象の方が大きいかなぁ。
ですが、絵がとてもキレイなので、そこまでグロク感じません。

内容は2回程、読み返してやっと理解できたのですが、ストーリーがしっかりしてて面白いですよ。しかも現実におこっていても不思議じゃないし。
殺人のシーンが多いので、苦手な方にはオススメできませんけどね。。。。(苦笑)


発売:角川書店
著者:田島 昭宇/ 大塚 英志
[PR]

by charanori | 2005-09-29 17:56 | マンガ放浪記

「ZETMAN」 -漫画-   

2005年 09月 28日

c0014846_12205971.jpg

会社の後輩に借りました。
けっこう面白いですよ!!
この作者って“バットマン好き”だったと記憶してるんですが、なんとな~く主人公がバットマンに似ているんですよね(笑)
アイデアもすごく良いと思います。
早く続きが読みたいなぁ。




発売:集英社
著者:桂 正和
[PR]

by charanori | 2005-09-28 12:20 | マンガ放浪記

「DEATH NOTE」 -漫画-   

2005年 07月 21日

c0014846_12435415.jpg
久しぶりのmy-hit漫画です(笑)
死神が持つ「DEATH NOTE(NOTEに人の名前を書くと、書かれた人物は死んでしまう)」が人間界に落ち、NOTEを拾った&関係する人間達に起こる出来事が描かれている漫画です。
理解するのに時間がかかる部分もありますが、ストーリー&キャラともにしっかりとしたものを感じ、はまってます。


描いているのは、小畑 健さんです。
この人は、「ヒカルの碁」や「あやつり人形左近」(これまた私のお気に入りの漫画です)」
を描いた方でもあります。

ほんと面白いので、一度読んでみてくださいね~!!


発売:集英社
著者:大場 つぐみ(著)/小畑 健 (画)
[PR]

by charanori | 2005-07-21 12:38 | マンガ放浪記