「不細工な友情」   

2008年 03月 17日


c0014846_1132379.jpg


何を隠そう(笑)、この本は親に借りました。
とは言っても、私がプレゼントしたんですけど(笑)

母親が「読みたい」というのでプレゼントはしましたが、実は、光浦 靖子さん好きの私。
モチロン、私も読んでみたかったのでプレゼントしたわけで~。

内容は想像通りのものでしたが、二人の仲の良さを感じました。
近すぎると、いくら相手のことが好きでも、嫌な部分ってみえちゃいますよね。
それをストレートに相手にぶつけてるっていうのは、本当に仲が良くないとできない業のような気がしました。

こんなこと言うのって恥ずかしいなぁと思う部分も書かれていて、彼女達が身近に感じた一冊でした。

発売:2006年
著者:光浦 靖子、大久保 佳代子
発行:幻冬舎
[PR]

by charanori | 2008-03-17 11:16 | 読書感想文

「レヴォリューション No.3」 >>