「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」   

2006年 08月 29日


c0014846_1852788.jpg
前回までは、読んでいてもワクワク・ドキドキ感があったのですが、今作品は微妙でした。
全体的に暗いんですよね。ある登場人物もいなくなっちゃったし(悲)
シリーズの中では、一番イマイチに感じました。
ハリー自身の怒りっぽいところが前面にでていて、読んでいてイライラしちゃう部分もありましたし、ハリーの事が少し嫌になったりもしました( ̄∇ ̄;)

発売:2004年
著者:J.K.ローリング
発行:静山社
[PR]

by charanori | 2006-08-29 18:08 | 読書感想文

<< ドラゴンフルーツ 今年もやって... 「東京エイティーズ」 >>