「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」   

2006年 08月 07日

c0014846_18104025.jpg
今作品から上下巻の2冊組です。
友人が貸してくれたのですが、この分厚さで2冊・・・。
なかなか手を伸ばす気になれませんでした。

ですが、読み始めると、いつものごとく・・・
ページをめくる手が止まりません(笑)

最近第6巻が出たということで、今、1巻から読み直しており、この4巻を読むのは、2度目。
2度目なのに、時間を忘れる位、読みいってしまうんですよね、これが。

原作を読んだ後に映画を観に行ったのが、この作品からだったのですが、あまりにも(映画が)簡略化されていて、ショックを受けちゃいました。
確かに、この長~いストーリーを映画の枠内に収めるのは厳しいと思いますし、映画は映画なりによく作っていたと思いますが、やはり寂しい気がしました。

原作は映画で削られたストーリーや登場人物が、ストーリーの複線となっていて、とても面白いので、まだ原作を読まれていない方は、一度読まれる事をお勧めします。

何度も書きましたが、この作者の頭の中って本当にすごいと思います。
細かいところまで、ちゃあんと話がつながっているんだもんっっ。
ほんと、すごいんだよなぁ。


発売:2002年
著者:J.K.ローリング
発行:静山社
[PR]

by charanori | 2006-08-07 18:11 | 読書感想文

<< そう言えば・・・ 古湯温泉 吉花亭 ~佐賀県~ >>