「パズル」   

2006年 06月 22日


c0014846_847775.jpg


物語の舞台は学校で、複数の犯人達が、生徒数名と教師を人質にとるというお話です。
登場人物が多くて、はじめは何がなんだか(;^^A
生徒は何人も出てくるし、その生徒達の親も出てくるし、犯人は複数だし・・・。

物語の内容(アイデア)は良いと思うのですが、山田作品ならではの、いつものパターン展開だったのが残念でした。
この作者の作品って、主人公が、犯人や、とある大きな組織に理由もなく試されるってパターンが多いんですよね。1冊、1冊、個別に考えれば、なかなか面白い作品達だとは思いますが、山田作品を何冊も読んでいると、そのパターン化には飽きてしまいます。
今作品も同じパターン展開でしたしね(;^^A そろそろ違う方向で行った方が良いのでは・・・(苦笑)
でも、そうは思っていても、ついつい読んでしまうんだよなぁ。

発売:角川書店
著者:山田 悠介
発行:2004年6月
[PR]

by charanori | 2006-06-22 12:57 | 読書感想文

<< 「ハリー・ポッターと賢者の石」 週末の無駄?遣い >>