「ホムンクルス」 -漫画-   

2005年 11月 21日

c0014846_1253480.jpg


主人公の名越は人々の心の深層に沈んだ歪みが形になって見えるという特殊な能力をもつようになり、さまざまな人々と関わっていく。。。というお話です。

この作者の漫画って一風変わっていて面白いんですよ。発想豊かと言うか。
今までに、この作者の作品「のぞき屋」「殺し屋1」っていうのを読んだんですが、この3作品に共通しているのが、“人間観察”というテーマだと感じました。
実は、この作者自身が世の人達に対して、“人間観察”してるのかなぁ(笑)


発売:小学館
著者:山本 英夫
[PR]

by charanori | 2005-11-21 12:54 | マンガ放浪記

<< 「バジリスク-甲賀忍法帖」 -漫画- 冬のUSJ >>