とうとう8耐開催です。   

2005年 07月 29日

とうとう8耐開催ですね~。

タイムリーで見たいところですが、我が家はケーブルTV等ひいていないので、
後日NHKのダイジェスト版で見るしかないかなぁ(悲)

個人的に、伊藤/辻村ペア、山口/徳留ペアを応援しています。
昔、伊藤真一選手が大好きだったので、たけちゃん(辻村選手)とのペアなんて最高っ!
成績も期待していますが、怪我なく完走してもらえるのが一番ですね。

ちなみに、予選2回目の結果は、グループA(たけちゃん、ぐっさんがいるグループ)では、
たけちゃん、ぐっさん達は総合で1-2とのこと。
(ちなみに1位:伊藤選手、2位:徳留選手 ※たけちゃん、ぐっさんはタイム更新できず。)

とにかく鈴鹿で観戦できる方が羨ましいです!


☆ライダー・インタビューが見たい方は、ココをクリックしてね!




一台のマシンを二人または三人のライダーが交互に乗り継いで8時間先のチェッカーを目指す。ひとことで言うならば、これが“コカ・コーラ”鈴鹿8耐である。
しかし、スタート時間の午前11時30分からチェッカーの午後7時30分までの8時間、ライダーには、真夏の太陽と格闘するタフネスさ、薄暮のなかでの高い集中力、漆黒の闇を切り裂く的確な状況判断が要求される。さらにメカニックスタッフは、給油やタイヤ交換時以外にも、いつ訪れるとも知れないアクシデントに備え、8時間にわたって緊張を持続させなければならない。
そう、レースの「究極の姿」が“コカ・コーラ”鈴鹿8耐であり、優勝チームにはもちろん、8時間を走り切ったすべてのチーム、そして声援を送り続けたファンまでが至上の感動に包まれるのが“コカ・コーラ”鈴鹿8耐なのである
[PR]

by charanori | 2005-07-29 20:42 | 車・バイク話

<< 8耐 結果! なんじゃそりゃ(怒) >>