「鬼切丸」 -漫画-   

2005年 06月 21日

c0014846_12444816.jpg10年程前に友人から借りて読んだ以来ですが、今読んでも面白いです!1巻なんて13年前位に発刊されたにも関わらず、古臭さを感じませんし。20巻で終わるのですが、個人的には終わり方が微妙だったことが残念だと思ってます(><)
ストーリーを簡単に説明すると、鬼を切る刀=鬼切丸をもつ少年の姿をした鬼が、人間になるため!?に現存するすべての鬼を切っていくという物語です。1話~3話くらいの短編のお話で構成されているので、途中から読んでもOKかな。


お話的には怖いですが、怖いだけじゃなくて「大事なことって何だろう」って考えさせられる場面もありますし、お勧めです。


発売:小学館
著者:楠 圭
[PR]

by charanori | 2005-06-21 12:26 | マンガ放浪記

<< ゴルゴ松本結婚!! 「交渉人 真下正義」 -映画- >>