「リアル鬼ごっこ」 -小説-   

2005年 05月 26日


c0014846_12522062.jpg

まさしく「なんじゃこりゃ~」ですね。
デビュー作だから仕方がないと言ってしまえば、それまでですが(苦笑)

他の読者のコメントを幾つか読ませてもらったのですが、ほとんどが酷評でしたね。
なので、期待はしていませんでしたが、想像以上にひどかったです。。。
この作者ってアイデアは、すごくいいと思うんですけど、文章力が微妙なんですよね。
とは言っても、まだ3冊しか読んだことありませんが。。。。

以前upした「親指さがし」の時も、最初は話の展開というか文章力に少しとまどったのですが、この作品はそれ以上ですね。

ストーリーを簡単に言うと、本のタイトル通りリアルな(生と死をかけた)鬼ごっこの話です。
うまく言えませんが、主人公の感情と、作者の客観的なコメントの書き分けが下手だったような気がします。多分、比率というかバランスが悪かったんでしょうね。
時代背景の描写も微妙だったし。。。。

読んだ感想としては、「よく出版社の担当が、これでokだして世の中に送りこんだよな」って感じですね。
どうにかすれば、素晴らしい作品になったと思いますよ。ほんとに。。。
それが残念かな。


PS:なんだかんだ言っても、この作者の他の作品が読みたくなるんだよな~(笑)


発売:文芸社
著者:山田 悠介
発行:2001年12月
[PR]

by charanori | 2005-05-26 12:54 | 読書感想文

<< きた~!!「青木さやか」写真集!! 「8.1」 -小説- >>