「8.1」 -小説-   

2005年 05月 26日


c0014846_12454672.jpg

面白かったです!!
本のタイトルからは、何も期待していなかったのですが(笑)
この本には、4つのストーリーが入っているのですが、どれも面白かったですね。


1- 8.1
   この話は、怖かったですねぇ。。。
   幽霊話です。どこかで耳にするような話でしたが、テンポが良かったような気がします。
   ほんとに怖かった!

2- 写真メール
   個人的には微妙でしたね。
   話の内容的には悪くないですが、なんだろ、パンチに欠けるというか。。
   2人のオタクが登場人物で出てくるのですが、会話を読んでいると
   はねるのとびらのコントにあった「ドランクドラゴン」の塚地さん演じるムガ様と
   「ロバート」の秋山さん演じるオータムさんの会話によく似ていて笑えました(爆笑)
   だからなのかな、殺人の話なのに、あんまり怖くなかったの(苦笑)

3- 黄泉の階段
   これまで読んだ山田作品の中では異色に感じます。
   なんと言っても、恋愛話ですからね。少し“黄泉がえりの映画を思い出しましたが、
   嫌いな話ではないですね。山田作品っぽくはないですが。。。。

4- ジェットコースター
   charanoriお勧めです!!アイデアも良かったですし、話の内容に惹きこまれました。
   考えさせられる点もありましたしね。
   話の内容は、ホラー(サスペンス)となれば、想像がつくかもしれませんが、
   ”ジェットコースターが、頂上で止まってしまう。。。”というところから始まるお話です。
   是非、読んでもらいたいので、説明はこの辺で(笑)


発売:文芸社
著者:山田 悠介
発行:2004年08月
[PR]

by charanori | 2005-05-26 12:47 | 読書感想文

<< 「リアル鬼ごっこ」 -小説- 好きです!「ホリのとうきびチョコ」 >>