「ブリジット・ジョーンズの日記」 -小説-   

2005年 05月 19日

c0014846_12544323.jpg

映画より詳細な部分まで描かれていて面白かったです。(当たり前か。。。)
映画には映画の味があったし、小説には小説の味がありました。
ただマークの前妻が日本人なのですが、小説の中で「残酷な民族の日本人」っていうふうに書かれていたのが悲しかったですね。
ブラックジョークなのかもしれませんが、日本人としては、あまり良い気分ではありません(悲)

私的には、やっぱり映画の方が好きかな。
映画の中のブリジットが、すごく・すごくかわいいから。。。。
そう言えば、ブリジット役のレニー・ゼルウィガーが、最近結婚したみたいですね。
映画の中のように幸せになってもらいたいなぁ。。。
[PR]

by charanori | 2005-05-19 12:55 | 読書感想文

<< 沖縄三味線!! 「桃太郎電鉄 USA」 >>