「一番長いデート」 -小説-   

2005年 04月 12日

c0014846_1230716.jpg

皆さんご存知の”赤川次郎”さんの作品です。

この本には、3つの短編小説が収録されています。
個人的には、この本のタイトルにあります「一番長いデート」より
「孤独な週末(内容はサスペンスです)」というお話の方が好きですね。

実は、この「孤独な週末」というお話は、二度もTVドラマ化されているそうです。お好きな方は、是非読んでください。手に汗にぎります(笑)

10~20年以上前に発行された本のようですが、今も色あせず面白い本(お話)です!
[PR]

by charanori | 2005-04-12 12:45 | 読書感想文

<< 「散歩道」 -小説- 「テイキング・ライブス」 -映画- >>