「親指さがし」 -小説-   

2005年 04月 08日

c0014846_1312244.jpg

「“親指さがし”って変なタイトルだな。」それが、この本の第一印象でした。
図書館に行った時に、たまたま目に入り借りた本です。
もちろん著者も知らなかったですし、この本の存在自体もこの時はじめて知りました。


けっこう怖いですよ~。
序盤は少し進行がゆるい感じがしますが、中盤からはテンポよくストーリーが展開していきます。
怖いものみたさ!?というのでしょうか、一気に読んでしまいました。
これぞ、ジャパニーズホラーって感じですね。
怖いものがお好きな方は、一度読んでみてください~(^_^)


発売:幻冬舎
著者:山田 悠介
発行:2003年09月
[PR]

by charanori | 2005-04-08 13:06 | 読書感想文

<< UFO明太子味 初挑戦! 「Dolls ドールズ」 -映画- >>