「ドーン・オブ・ザ・デッド」 -映画-   

2005年 03月 31日

c0014846_12475011.jpg■STORY■
看護婦のアナは仕事を終え、夫のルイスが待つ自宅へと帰る。翌朝を迎えたその時、寝室のドアが静かに開く。ドアの向こうに立っていたのは、隣家の娘。彼女はルイスの喉を食いちぎり、その血肉を貪り食った。驚愕の事態に呆然とするアナ。次の瞬間、死んだはずのルイスが、アナに襲い掛かる。。。


■感想■
う~ん。とにかく、この映画は色んな意味で笑えましたね。
ホラー映画なのに。。。。(笑)
特に笑えたのが、効果音(音楽)。
途中で、「えっ、この場面でこの音楽なの???」みたいな。。。。
使う音楽のタイミングさえ変えれば、もっと迫力ある面白い映画になったと思います。デパートの中での攻防戦は、ある意味面白いですし。
でも、話の内容的には「28日後」っぽいかな?

PS:DVD特典にある、「アンディ銃器店」は笑えますよ(笑)

■charanori的 評価■
「ドーン・オブ・ザ・デッド」  = 評価  3  (5段階中)
*数字が大きい方が良い評価です。
[PR]

by charanori | 2005-03-31 13:02 | チャラノリ的-映画論

<< 博物館探訪! 春が近づいてきましたね >>