「回路」 -映画-   

2005年 03月 16日

c0014846_1032138.gif


■STORY■
大学生活を送る亮介(加藤晴彦)、
一人暮しで平凡なOL生活を送るミチ(麻生久美子)。
そんな彼らの周りで、いつしか異変が、静かにそしてさりげなく起こり始める。

ミチの同僚が自殺。勤め先の社長は失踪。次々に恋人が、友達が、家族が消えていく ・・・。
一方、亮介が始めたインターネットの画面には、アクセスもしていないのに 「幽霊に会いたいですか」という奇妙なメッセージが浮かび上がり、黒い袋に覆われた異常なヒトの姿が亮介に迫る。

胸騒ぎを感じた亮介は、同じ大学でその奇妙なインターネット・サイトを研究している春江(小雪)に相談を持ちかける。が、続発する異変の中で学生達も、研究仲間も、春江さえも次々に消えてゆく。

■感想~■
すごく怖いんだろうと思って見たんですが、そうでもなかったですねぇ。
DVDのパッケージが結構怖かったので、呪怨なみに怖いのかと思ってました。
「ただのホラーにしたくなかった」という監督の言いたいこともわかる気はしたのですが、映画を見ても中途半端なメッセージにしか受け取れず、
個人的にはホラーにするならホラー一直線(笑)にして欲しかったです。。。。

俳優人は、結構有名どころで固めていましたね~。
他にも以外な箇所で出演されている俳優さんもいるので、チェックするのも楽しいかも!?
[PR]

by charanori | 2005-03-16 11:03 | チャラノリ的-映画論

<< シーズン到来! 「シャーク・テイル」 -映画- >>