「不細工な友情」   

2008年 03月 17日


c0014846_1132379.jpg


何を隠そう(笑)、この本は親に借りました。
とは言っても、私がプレゼントしたんですけど(笑)

母親が「読みたい」というのでプレゼントはしましたが、実は、光浦 靖子さん好きの私。
モチロン、私も読んでみたかったのでプレゼントしたわけで~。

内容は想像通りのものでしたが、二人の仲の良さを感じました。
近すぎると、いくら相手のことが好きでも、嫌な部分ってみえちゃいますよね。
それをストレートに相手にぶつけてるっていうのは、本当に仲が良くないとできない業のような気がしました。

こんなこと言うのって恥ずかしいなぁと思う部分も書かれていて、彼女達が身近に感じた一冊でした。

発売:2006年
著者:光浦 靖子、大久保 佳代子
発行:幻冬舎
[PR]

# by charanori | 2008-03-17 11:16 | 読書感想文

「レヴォリューション No.3」   

2008年 03月 17日


c0014846_10413979.jpg


オチコボレ扱いされている高校に通う学生達のお話です。
ゾンビーズシリーズの第一弾。
このゾンビーズっていうのは、彼らのグループの名前なんですが、すんごく楽しいヤツらなんですよね。

今まで高校生の男の子って、なんか怖かったんだけど、彼らみたいな高校生だったら、怖くないっていうか、なんて言えばいいんだろ・・・、とにかく素直というか、純粋さがにじみでていたような気がしました。

このゾンビーズシリーズの一環でもあるのが、岡田君主演の映画の原作でもある「フライ,ダディ,フライ」
どちらも面白い作品ですが、個人的には「レヴォリューション No.3」の方が好きかも。
私の中で、”主人公・僕”は森山未來さんのイメージです。
もし、ドラマ化or映画化されるなら、是非、森山未來さんでお願いしたいものです(笑)

発売:2005年
著者:金城一紀
発行:角川書店
[PR]

# by charanori | 2008-03-17 10:52 | 読書感想文

「フライ,ダディ,フライ」   

2008年 03月 17日


c0014846_10323331.jpg


1年以上前、同僚に借りました(;^^A
本作は、岡田君と堤真一さん主演の映画の原作となります。
なもんで、映画を観てから、原作を読もうとしていたのですが・・・

いつレンタル屋に行っても貸し出し中。
半年以上通ったのですが、いつも貸し出し(悲)
その内、忙しくなって本のことをすっかり忘れていた次第です。
結局、映画を観ずに原作を先に読んだのですが、もっと早く読めば良かったと後悔。

面白いんですよ。
父親が娘のために戦う話で、戦うための修行(笑)の様をつづったものなのですが、その修行の1日1日が父親の気持ちになれるんですよね。

弱い部分もさらけだしている父親。
すごく共感できると思います。
これは、映画を観なくてだわ~♪

発売:2005年
著者:金城一紀
発行:角川書店
[PR]

# by charanori | 2008-03-17 10:31 | 読書感想文

まい ばーすでー。   

2007年 12月 17日


12月14日。
元禄15年に、元赤穂藩士大石内蔵助良雄以下47人の武士達が、旧主浅野内匠頭長矩の仇である高家吉良上野介義央の屋敷に討ち入りをした日。

そして世良公則さんのお誕生日でもあり、私の誕生日でもあります(笑)

c0014846_22243611.jpg


三十路超えしたワタクシ・オバチャンにたくさんの友達からお祝いメールをいただき、すごく素敵な一日となりました。
その日は旦那さんと映画鑑賞。映画の後は居酒屋へ。ラブラブモード全開です(笑)
そして、PCを立ち上げたら、スペースワールド(福岡県北九州にある遊園地です)から誕生日メールが届いていました。
いやぁ、三十路過ぎても、お祝いしていただけると嬉しいものですね~☆
[PR]

# by charanori | 2007-12-17 22:24 | ひとり言

嬉しいプレゼント その3   

2007年 09月 02日


c0014846_9384668.jpg


私は、九州在住の九州人なのですが、10年位前、広島に住んでいたことがあります。
その時、アルバイト先で知り合った一つ上の友人がいます。

その友人から、プレゼントが届きました。
結婚祝いです。
プレゼント自体も嬉しいのですが、気持ちが一番嬉しいですよね。

ほんとに、ありがとう。かおりさん。
[PR]

# by charanori | 2007-09-02 09:39 | ひとり言